大阪府警察職員互助会
2019年08月15日

大阪府警察職員互助会特注01

2016年10月頃に突如現れた大阪府警察職員互助会特注のトヨタ クラウン パトロールカー。
200系クラウンの白黒パンダで、もちろん大阪府警仕様です。
このトミカはヤフオクやメルカリに出品されていた事から、その存在が白日の下となったのですが、如何せん情報が無さ過ぎて、どうすれば入手出来るのかがさっぱり判らない状況でした。
そんな中、お仲間からの情報で大阪府警察本部の売店で販売されている事が判明。
しかしながら大きな問題が! ここは原則的に警察関係者しか入れないお店だったのです!

大阪府警察本部の地下1階には「ファミリーマート大阪府警察本部店」が有り、ここでこのトミカが販売されました。因みに定価は720円(税込)でした。
しかし前述の通り警察関係者以外は利用できないのが原則です。
今回のトミカは販売品でありながら、一般の人にとっては、かなりハードルの高いトミカとなってしまいました。流石に警察関係ですから突撃や問い合わせも躊躇しちゃいますよね(笑)
以前出た大阪府警限定チョロQは大阪府内の運転免許試験場の売店などでも売られてらしいのですが、今回のトミカはそのような所での販売は無かったようです。

大阪府警察職員互助会特注02

200系クラウンのパトカーと言えば、2012年に登場した110-5のクラウンパトロールカーが有ります。これは縮尺が1/69とかなり小ぶりな上、ドア開閉ギミックも省略され「縮みトミカ」と揶揄されるコストダウン至上主義の金型。
一方、大阪府警のトミカは2008年に登場した32-8 トヨタ クラウンの金型を使ってパトカーに仕上げたもので、スケール1/63と十分な大きさな上、ドア開閉ギミックも備わるトミカらしいトミカとなっていました。意外にも32-8では初のパトカーでした。
赤色灯はV字型赤色ランプで、ドアとトランクリッドに「大阪府警」、ルーフには「大阪1」のコールサインがタンポ印刷されていました。また、フロントグリル無いの赤色灯がタンポ印刷で再現されています。

大阪府警察職員互助会特注03

箱は専用箱で、販売元は(一財)大阪府警職員互助会、製造元は株式会社タカラトミーアーツと記載されています。
また、大阪府警のシンボルマスコット「フーくん・ケイちゃん」などが描かれたシールが添付されており、貼る場所の説明も書かれているので、このシールを貼って完成という事になるのでしょう。
でも、実際のパトカーには無い仕様のようなので、シールを貼ったコレクターは少なかったでしょうね(笑)

品番 車名 ベース車名
32-8-未トヨタ クラウン パトロールカートヨタ クラウン

同じ200系クラウンの金型が2種類存 在するのも可笑しな話ですが、それほどタカラトミーの台所事情が苦しかったという事なのかも知れませんね。それでも顧客に「縮みトミカ」などと言われるよ うな商品を送り出した事は、メーカーとしても教訓にしなければならないと思います。
2019年で110-5も発売から7年が経過、そろそろ新しいクラウンパトカーにバトンタッチして欲しいところですね。


トッ プに戻る