ふとしたきっかけで集め始めたトミカ。全長7cm程の小さなミニカーのおもちゃです。
しかし、コレクションの奥の深さは侮れません。たかがトミカ、されどトミカなのです。
仮オープン  2004/07/01
最 終 更 新 2021/12/02
本日  昨日
現在の公開台数 741台
 
黒 箱・赤箱・青箱の紹介
セッ ト・リミテッド等の紹介
カ タログ・ビデオ・本の紹介
 2016/05/11  1件修正
自 己紹介・コラム・豆知識など
'12年末で廃止しました  
 
準備中

当サイトはリンクフリーです。
詳しくはこ ちらをご覧下さい。

はるてんトミカSNS
 
twitter
今週のアラカルト
毎週木曜日頃更新予定
 
オーアンドオー(O and 
O)
 
オーアンドオー特注トミカ01

オーアンドオー(O and O)はかつて仙台にあったモデルカーショップで、一度だけトミカを特注しています。
1989年の開店時は仙台駅の北側に店舗を構えていましたが、1996年12月に仙台駅より東へ徒歩10分ほどの場所に移転しました。
この新店舗移転を記念して12月14日(土)と15日(日)の2日間オープニングセールが開催され、3000円以上の購入でオーアンドオーの特注トミカ「スバル360」がプレゼントされました。

オーアンドオー特注トミカ02

●SUBARU 360
21-4 富士重工 スバル360の金型を使って、淡いブルーのボディでルーフはクリーム色、シートは白色となっていました。
ヘッドライトは銀色、フロントウインカーとテールライトは赤色のタンポがほどこされていました。因みにトミカは日本製となっています。

オーアンドオー特注トミカ03

箱はクラフトボール紙にくすんだ緑色1色で印刷された専用のもので、レトロな雰囲気を狙ったものと思われます。
セールのノベルティとして配布されたトミカだったので非売品かと思いきや、そののち同店のほか全国の主なミニカーショップで販売されました。当時の定価は850円(税別)でした。

品 番 車 名
21-4-32富士重工 スバル360

現在の特注品は最低ロットが6000台とも言われていますが、当時は葛飾にトミーの協力工場がいくつも有り、柔軟な対応が可能だったため、小ロットの特注が可能でした。現在の流通量から見てオーアンドオーの特注品も決して多くは作られていなかったと考えてよさそうです。

そ んなオーアンドオーですが、どうやら1998年の夏頃に閉店してしまったようです。実は同店の場所に1998年12月19日にモデルカー専門店「N's collection(エヌズ・コレクション)」が新規オープンしています。当時の「N's collection」オープンの告知にも店名が変わったといった類の事は一切書かれていないので、オーアンドオーは閉店した可能性が高いのではないで しょうか。流石に90年代の事となるとネット上でも情報が全く見つけられません。
そして「N's collection(エヌズ・コレクション)」も2010年の初めに残念ながら閉店してしまいました。

  • 当サイトは個人が趣味で収集したトミカを紹介し、トミカを応援 しているファンサイトであり、株式会社タカラトミーとは関係ありません。
  • 当サイトの内容は、あくまで素人が私見を交えて記載しているも のです。記載内容に関する保証は出来ませんので、参考程度にお考え下さい。
  • トミカ及びtomicaは株式会社タカラトミ−の登録商標で す。
  • アクセスカウンタ及び掲示板のCGIプログラムの著作権は KENTさんにあります。
  • 当サイト内の画像の著作権はtomica1970.comにあ ります。無断転用はご遠慮下さい。
  • 当サイトでは販売は一切行っておりません。 (NOTFORSALE)

Copyright(C)2004-2021 tomica1970.com all rights reserved