ふとしたきっかけで集め始めたトミカ。全長7cm程の小さなミニカーのおもちゃです。
しかし、コレクションの奥の深さは侮れません。たかがトミカ、されどトミカなのです。
仮オープン  2004/07/01
最 終 更 新 2022/05/19
本日  昨日
現在の公開台数 741台
 
黒 箱・赤箱・青箱の紹介
セッ ト・リミテッド等の紹介
カ タログ・ビデオ・本の紹介
 2016/05/11 1 件修正
自 己紹介・コラム・豆知識など
'12年末で廃止しました  
 
準備中

当サイトはリンクフリーです。
詳しくはこ ちらをご覧下さい。
ご連絡等も↑から。      

はるてんトミカSNS
 
twitter
今週のアラカルト
毎週木曜日頃更新予定
 
郵便車コレクション2 (名古屋市内限定版)

郵便車コレクション2_名古屋市内限定版01
郵便車コレクション2_名古屋市内限定版02

2004年9月に名古屋市内限定版「オリジナルトミカ郵便車コレクション」が発売されましたが、2005年4月には早くも第2弾となる「オリジナルトミカ郵便車コレクション2 (名古屋市内限定版)」が発売されました。
第1弾は通常のギフトセット「郵便車コレクション」の一部の仕様を変更しただけのお手軽なものでしたが、これが好評だったのでしょう。第2弾は更に進化した力の入ったセットとなっていました。
販売方法は第1弾と同様で、名古屋市内の郵便局に置いてある「郵便車コレクション2(名古屋市内限定版)」のチラシについている振替用紙を使って申し込むと、トミカがゆうパックで送られて来るというもので、いわゆる「ふるさと小包」の一種となっていました。
当時の定価は2100円(消費税・ゆうパック送料込み)でした。当時の通常ギフトセット(4台入り)が消費税込みで1512円でしたから、完全オリジナルギフトセットとしてはリーズナブルな価格設定といえましょう。
発売元はTARGET 10 カンパニーとなっていますが、これがどのような会社なのかは分かりませんでした。

郵便車コレクション2_名古屋市内限定版03

●トヨタ タイプHQ15V 集配車(日本郵便逓送)
67-2 トヨタ自衛隊救急車(HQ15V型)をベースに、1942(昭和17)年に設立された郵便物輸送会社である「日本郵便逓送」の集配車に仕立てたものです。
トヨタHQ15型は自衛隊の3/4tトラックという車両で、元となるBQ15型は1951年に試作車が完成しているので、自衛隊の前身である警察予備隊時代に出来た車両という事になります。その最終型がHQ15型で、荷台がバン型になっているものがV型になります。
トミカはボディ前半の色はオリジナルの自衛隊救急車と同様のオリーブドラブですが、荷台は成型色の赤色となっています。この組み合わせの車両が実際に有ったのかは判りませんが、ちょっと違和感を覚えるのは私だけでしょうか。
因みに運転席ルーフ(幌)は赤色成型色の荷台と一体パーツなので、キャビンと同色に塗られています。
自衛隊専用の車両ですから実車の郵便車はなさそうですが、同仕様の日産製Q4W70/Q4W73の民間型が日産キャリアとして市販されていたので、有るとすればこちらでしょうか。

郵便車コレクション2_名古屋市内限定版04

●ダイハツ ミゼット(旧型) 集配車(昭和郵便局)
62-5 ダイハツ ミゼットをベースに、昭和郵便局(名古屋市)の集配車に仕立てたものです。
これは実車も有るようで、ミゼットのバン型を郵便車として使っていたようです。
トミカはノーマルの幌に変えてバンを模したパーツを荷台に乗せていますが、何とこのパーツはこのセットのために新造されたものでした。その後このパーツはトミカくじやトイズドリームプロジェクトで使われる事になります。

郵便車コレクション2_名古屋市内限定版05

●ニッサンディーゼル(旧型) 高速道専用車(名古屋中央郵便局)
67-5 日産ディーゼル 高速郵便車をベースに、名古屋中央郵便局の高速道郵便車に仕立てたものです。
かつての郵便車(フェンダーが独立している型)は、フロントフェンダー部が黒く塗られていたようで、トミカもそれが再現されています。リアのナンバープレートが品川なのは、金型の仕様なので仕方がないところですね(笑)

郵便車コレクション2_名古屋市内限定版06

●トヨタ ハイラックス 集配車(名古屋東郵便局)
64-1 トヨタ ハイラックスをベースに、名古屋東郵便局の集配車に仕立てたものです。
実車は郵便車専用の2ドアライトバン仕様で、当時は街で良く見られたもののようです。
トミカの荷台側面に「郵便番号は正しくはっきりと」と書かれているので、郵便番号が導入された1968(昭和43)年以降の車両の再現でしょう。もっともハイラックス自体のデビューが同年でした(笑)

郵便車コレクション2_名古屋市内限定版07

●丸形ポスト
円筒形のポストは1901(明 治34)年に初めて試験的に設置されましたが、このセットのポストは郵便差出箱1号(丸形)と呼ばれるもので、1949(昭和24)年から導入されたもの です。このベレー帽をかぶったような愛らしいポストは、最近殆ど見られなくなってしまいましたが、昭和を代表するアイテムとしてこのセットの車両と並べて 絵になるのではないでしょうか。なかなか粋な付属品ですね。
※ポストの歴史は郵政博物館のwebサイトより引用

品 番 車 名ベース車名
67-2-未トヨタ タイプHQ15V 集配車
(日本郵便逓送)
トヨタ自衛隊救急車
(HQ15V型)
62-5-未ダイハツ ミゼット(旧型) 集配車
(昭和郵便局)
ダイハツ ミゼット
67-5-未ニッサンディーゼル(旧型)
高速道専用車 (名古屋中央郵便局)
日産ディーゼル
高速郵便車
64-1-未トヨタ ハイラックス 集配車
(名古屋東郵便局)
トヨタ ハイラックス

第1弾とうって変わって、テーマは昭和レトロといった風情のセットとなりました。
箱の記述によれば、資料提供が逓信総合博物館(2013 年8月31日閉館)と日本郵便逓送株式会社(現:日本郵便輸送株式会社)となっているので、当時の写真などを元ににして車両のデザインが決められている のでしょうから、実際にそれらしい郵便車が存在したと思うと、なかなか興味深いものが有りますね。

詰め合わせ内容は、ミゼット以外復刻の少ない車種ばかり、ミゼットは荷台パーツが新造、ポストのフィギュアが付属、とかなり力が入った、そして魅力的なセットだったと思います。
地方限定にしておくのは勿体ないですね。全国展開してくれれば入手も楽だったのに!

  • 当サイトは個人が趣味で収集したトミカを紹介し、トミカを応援 しているファンサイトであり、株式会社タカラトミーとは関係ありません。
  • 当サイトの内容は、あくまで素人が私見を交えて記載しているも のです。記載内容に関する保証は出来ませんので、参考程度にお考え下さい。
  • トミカ及びtomicaは株式会社タカラトミ−の登録商標で す。
  • アクセスカウンタ及び掲示板のCGIプログラムの著作権は KENTさんにあります。
  • 当サイト内の画像の著作権はtomica1970.comにあ ります。無断転用はご遠慮下さい。
  • 当サイトでは販売は一切行っておりません。 (NOTFORSALE)

Copyright(C)2004-2022 tomica1970.com all rights reserved