ふとしたきっかけで集め始めたトミカ。全長7cm程の小さなミニカーのおもちゃです。
しかし、コレクションの奥の深さは侮れません。たかがトミカ、されどトミカなのです。
仮オープン  2004/07/01
最 終 更 新 2020/09/17
本日  昨日
現在の公開台数 741台
 
黒 箱・赤箱・青箱の紹介
セッ ト・リミテッド等の紹介
カ タログ・ビデオ・本の紹介
 2016/05/11  1件修正
自 己紹介・コラム・豆知識など
'12年末で廃止しました  
 
準備中

当サイトはリンクフリーです。
詳しくはこ ちらをご覧下さい。

はるてんトミカSNS
 
twitter
今週のアラカルト
毎週木曜日頃更新予定

コスモスバス
 

コスモスバス特注トミカ01

千葉県船橋市に本社を置く「コスモスバス」は観光バスや送迎バスの貸し切りバス事業者で、大型バスからマイクロバスまで70台程の車両を保有しています。
1997年4月の設立で、2017年には創立20周年を迎えました。
これを記念して、20周年記念のカラーリングバスの運行などの記念事業を行いましたが、何とオリジナルトミカの製作をしています。

コスモスバス特注トミカ02
コスモスバス特注トミカ03

トミカは非売品となっており、詳細は不明ですが顧客や関係者への配布などに使われたようです。
そ れ以外では「街の便利帳」というタウン誌(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城で毎月第一土曜日に新聞に折り込まれる)のアンケートで何度かプレゼントされた 事が確認されています。各回5名という狭き門ですが、インターネットで応募出来たため、全国からの応募が可能でした。ただし、同誌の配布エリア外でも当選 出来たのかは判りません。勿論私も応募しましたが、当たる筈もなく…

トミカは101-5 日野セレガをベースに、同社のバスのカラーリングであるピンク色の車体を再現していました。オールタンポでリアのナンバープレート「習志野200 か 88-88」も再現されているなど、
実車をかなり忠実に再現したものとなっており、とても良い仕上がりとなっていました。

コスモスバス特注トミカ04

箱はフルカラーの専用のものが用意され、裏面には控えめに「非売品」の文字が印刷されています。
因みに企画元は株式会社コスモスバス、製造元はタカラトミーアーツとなっています。

品 番 品 名 特注元
101-5-未 日野セレガ 株式会社コスモスバス

実車の20周年記念カラーは、ノーマルの車体にラッピングでハートや風船の絵柄を追加したものでした。
トミカはノーマルの車体を再現していますが、どうせなら20周年記念のデザインでも良かったかも知れませんね。

オークションやフリマサイトでも当時から弾数は少ないようで、現在でも高値の相場を維持しているようです。
企業物の特注品で非売品ともなると、毎度の事ながら入手の難しいハードルの高いものとなってしまいます。それだけに手に入れた時の喜びは大きいのですが、それと同時に財布の中身の減りが大きいのは痛いですね(笑)

  • 当サイトは個人が趣味で収集したトミカを紹介し、トミカを応援 しているファンサイトであり、株式会社タカラトミーとは関係ありません。
  • 当サイトの内容は、あくまで素人が私見を交えて記載しているも のです。記載内容に関する保証は出来ませんので、参考程度にお考え下さい。
  • トミカ及びtomicaは株式会社タカラトミ−の登録商標で す。
  • アクセスカウンタ及び掲示板のCGIプログラムの著作権は KENTさんにあります。
  • 当サイト内の画像の著作権はtomica1970.comにあ ります。無断転用はご遠慮下さい。
  • 当サイトでは販売は一切行っておりません。 (NOTFORSALE)

Copyright(C)2004-2019 tomica1970.com all rights reserved