アイ・ティ・フロンティア
2017年04月27日

アイ・ティ・フロンティア特注トミカ01

株式会社ITフロンティアは、2001年に発足したITサービス、コンサルティング、ビジネス ソリューションなどを行う企業です。
都営バスにラッピング広告をしていた関係からか、それを模したトミカの特注を2度行っております。
何れも、企業のノベルティ品として顧客などに配られたようで、非売品扱いとなっていました。当時から配布の経緯などを色々調べましたが、結局詳しい事は不 明でした。

アイ・ティ・フロンティア特注トミカ02

●IT Frontier Bus(アイ・ティ・フロンティア バス)
最初に出たのは2004年12月頃でした。
ベースは79-3 三菱ふそうワンマンバスで、緑色ルーフ・緑色ボディとなっていました。
ボディとルーフにはオールタンポで社名やロゴマークが印刷されていました。

アイ・ティ・フロンティア特注トミカ03

●アイ・ティ・フロンティア オリジナルトミカ
次に出たのは2009年12月頃でした。
ベースは93-5 三菱ふそうエアロスターで、色色ルーフ・白色ボディとなっていました。
ボディとルーフにはオールタンポで社名やロゴマークが印刷されていました。

品番 ベース車名 備 考
79-3-未 三菱ふそう ワンマンバス 都営ラッピン グバス緑Ver.
93-5-未 三菱ふそう エアロスター 都営ラッピン グバス白Ver.

当 時、都営バスにラッピングバスを数台走らせており、それを基にトミカがデザインされたようで、緑の方は深川営業所所属の局番SH-140のいすゞエルガ、 白の方は深川営業所所属の局番SH-135のいすゞエルガが元になっているようです。
この2台のトミカですが、市場にはあまり出回っていないようで、緑の方は偶に見掛けますが、白は殆ど見る事が無いくらい極少と思われます。

ところで株式会社ITフロンティアは、2014年にタタ・コンサルタンシー・サービシズ・ジャパン株式会社と株式会社日本TCSソリューションセンターの 3社を統合、日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社として新たなスタートを切りました。
白Ver.のトミカは、社名が変わってしまったのでノベルティとして使えなくなったので廃棄されたのか? それとも倉庫の片隅にでも眠っているのか?
白Ver.が極少なのは、この辺に原因が有るのかも知れませんね。