東京ディズニーリゾート 2016(2)
2017年01月26日

東京ディズニーリゾート100

前回に続き、2016年に東京ディズニーリゾートで新たに発売されたトミカをご紹介したいと思います。
後半は7月から12月までに発売されたトミカ達です。

東京ディズニーリゾート101

7月4日にはディズニーシー15周年トミカが発売されました。
●ディズニーリゾートライン(中間車)
                            ディズニーシー15周年(デイジーダック)


トミカマンスリーシリーズ第4弾は、デイジーダックが起用されました。定価は1,200円(税込)でした。

東京ディズニーリゾート102

7月8日には「ディズニー夏祭り」と「ディズニー・サマーフェスティバル」のトミカが発売されました。
●オムニバス ディズニー夏祭り2016

2012年より東京ディズニーランドで開催されている夏季スペシャルイベント「ディズニー夏祭り」ですが、2016年は7月9日から8月31日まで開催されました。
日本の夏祭りをイメージしたディズニーランドでは異色のイベントのようです。
このイベントグッズとして、2014年・2015年に続いてトミカが登場しました。
車種は夏祭りでは初のオムニバスでした。
定価は各1,200円(税込)でした。

●トランジットスチーマーライン
             ディズニー・サマーフェスティバル2016


サマーフェスティバルは2013年よりディズニーシーで開催されている夏季スペシャルイベントで、2016年は7月9日から8月31日まで開催されました。
トミカは2015年・2016年と同じくトランジット・スチーマーラインが起用されました。
定価は1,200円(税込)でした。

東京ディズニーリゾート103

8月4日にはディズニーシー15周年トミカが発売されました。
●ディズニーリゾートライン(中間車)
             ディズニーシー15周年(チップとデール)


トミカマンスリーシリーズ第5弾は、チップとデールが起用されました。定価は1,200円(税込)でした。

東京ディズニーリゾート104

9月1日にはハロウィーンのトミカが発売されました。
●ディズニーリゾートクルーザー ハロウィーン2016 
●オムニバス ハロウィーン2016
●トランジットスチーマーライン ハロウィーン2016
●ビッグシティ・ヴィークル ハロウィーン2016


東京ディズニーランド及び東京ディズニーシーの秋季スペシャルイベント「ハロウィーン2016」は、9月9日から10月31日まで開催されました。
トミカは定番のリゾートクルーザーとランドからはオムニバス、シーからはトランジットスチーマーライン、更に2016年は4種目の隠し玉とも言えるビッグシティ・ヴィークルが用意されていました。
ビッグシティ・ヴィークルは、黒いボディに絵柄等は白と銀色のみという今までにないテイストでした。
箱も同様のテイストで統一されていました。
定価は各1,200円(税込)でした。

東京ディズニーリゾート105

9月4日にはディズニーシー15周年トミカが発売されました。
●ディズニーリゾートライン(中間車)
             ディズニーシー15周年(ミニーマウス)


トミカマンスリーシリーズの最後を飾る第6弾は、ミニーマウスが起用されました。
ミッキーで始まってミニーで終わる、まさに王道の設定ですね。定価は1,200円(税込)でした。

東京ディズニーリゾート106

11月1日には恒例のクリスマス仕様のトミカが発売されました。
●ディズニーリゾートクルーザー クリスマス2016
●オムニバス クリスマス2016
●トランジットスチーマーライン クリスマス2016


11 月8日〜12月25日に開催されたスペシャルイベント「クリスマス・ファンタジー」(東京ディズニーランド)と「クリスマス・ウィッシュ」東京ディズニー シー)に先行するかたちでグッズが販売されました。
定番のリゾートクルーザー(両パーク)の他、オムニバス(ランド)、トランジットスチーマーライン(シー)が起用されました。
定価は各1,200円(税込)でした。

東京ディズニーリゾート107

11月18日にはスペシャルトミカが発売されました。
●ミッキーのロードスター 2016 Special Tomica
●ミニーのコンバーティブル 2016 Special Tomica


2015年に引き続き、ミッキーのスクリーンデビューに因んだトミカが登場しました。
ミッキーの初の映画「蒸気船ウィリー」の公開日が1928年11月18日である事から、この日をミッキーとミニーの誕生日として来ました。しかし最近ではこの日を「スクリーンデビューの日」とする事も多いようです。
2016年で88年目となった記念日、もし1928年が誕生日と言う事なら「米寿」と言う事になりますね(笑)
定価は各1,000円(税込)でした。

東京ディズニーリゾート108

12月26日には、恒例になったスペシャルエディションの2017年版が発売されました。
●ディズニーリゾートクルーザー(ドア開閉) Special Edition 2017
●オムニバス Special Edition 2017
●S.Sコロンビア号  Special Edition 2017


2011年からの3種類体制ですが、定番のリゾートクルーザーの他、ランドからはオムニバス、シーからはS.Sコロンビア号 が起用されました。
定価は1,200円(税込)でした。

シリーズ商 品 名発売日
ディズニーシー15周年ディズニーリゾートライン(中間車)
【デイジーダック】
2016/07/04
夏祭り2016オムニバス2016/07/08
サマーフェスティバル2016トランジットスチーマーライン
ディズニーシー15周年ディズニーリゾートライン(中間車)
【チップとデール】
2016/08/04
ハロウィーン2016ディズニーリゾートクルーザー 2016/09/01
オムニバス
トランジットスチーマーライン
ビッグシティ・ヴィークル
ディズニーシー15周年ディズニー リゾートライン
【ミニーマウス】
2016/09/04
クリスマス2016ディズニーリゾートクルーザー2016/11/01
オムニバス
トランジットスチーマーライン
2016 Special Tomica
(スクリーンデビュー)
ミッキーのロードスター 
2016/11/18
ミニーのコンバーティブル
2017 Special Edition
(ニューイヤー)
ディズニーリゾートクルーザー2016/12/26
オムニバス
S.Sコロンビア号 

東 京ディズニーリゾート特注トミカも、年を追うごとに発売台数が増えて来ているようで、2016年は32台の単品と3台セットで延べ35台ものトミカが発売 されました。しかも徐々に値上げが続いた結果、殆どのトミカが1,200円(税込)となりました。これを全て追いかけるのは、なかなか厳しいものが有りま すね。
2001年に最初のリゾートクルーザーが出た時の定価が630円(税込)だった事を考えると、ほぼ2倍の値段になっているはちょっと高過ぎなのではないでしょうか?